後援会会長就任あいさつ

会長 鈴木暢二 (2010年度卒)

 この度、大東文化大学男子サッカー部では後援会を発足させ、初代の会長を担当させていただくことになりました鈴木暢二(2010年卒)です。今更言うべきことではありませんが、私たちの大学生活の中心にあったものは、サッカー部での活動です。苦楽を共に歩んだ仲間達との絆は今もなお続いているのではないでしょうか。あの時のグラウンドでの想い、期待、希望を・・・そして何より大東文化大学男子サッカー部に強くなってほしいという願いを形に・・。

 関東大会、関東リーグまで行ければ、後援会もより一層盛り上がるのではないかと楽しみにしています。

 

そのために、現役の諸君は何をすべきか・・・答えは明白。

 

監督の指示を理解すること、そして自分なりに頭を使った練習に励むこと。

 

活動のサポートには、若いOBの力が必要不可欠・・・。

ではそのために若いOBの諸君は何をすべきか・・・それはわからない。

それが分からず、何十年・・・ここでやらねば誰がやる。

 

大東文化大学男子サッカー部後援会では、今後、活動を活発化していくためにも、総会や年に2回の現役生との交流試合、年会報告会などの活動機会を増やして充実を図っていこうと考えています。後援会の運営や現役選手のサポートにあたっては、後援会費の集まり具合が非常に重要になってまいります。何より大東文化大学男子サッカー部の躍進に欠かすことができないものです。今後はOB、OG、そして保護者の皆様方に後援会へのご参加をお願いするとともに、会費の納入については是非お願いをさせていただきたいと思います。

ともに関東リーグ昇格を目指しましょう。

これからも後援会活動へのご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

2014.3.2